閉店・移転をお考えの方へ

営業中の居抜き物件権利売買のご紹介

店舗を借りたときの状態に戻すには、解体工事費などの閉店コストがかかります。
そこで、居抜き物件として新たな入居者を探し、権利を譲渡することで、
物件を価値ある資産として有効活用できます。

お店の閉店や移転は、従業員やお客様への対応など心配事が多く、とてもデリケートな問題です。センチュリー21 エステートホーム神戸店は、秘密厳守で様々な業務を代行いたします。
どうぞご遠慮なくご相談ください。

〇スケルトンだと解体費用がかかってしまう!

店舗物件は、本来「スケルトン渡し」「スケルトン返し」が基本なので、解約する際には「解体工事費」や「廃棄物処理費用」などがかかってしまいます。特に解体費用は、おおよそ坪単価5万〜10万円くらいだといわれています。 つまり、30坪のお店にかかる費用は、安くても150万円くらいかかってしまうのです。
ですが、居抜き物件として譲渡すれば、解体費用がかからず、とてもお得です。

〇造作譲渡できればぐっとお得!
什器や内装設備などを売買する事を「造作譲渡」といいます。
内装設備がもう必要がないとお考えでしたら、ぜひ弊社にご相談ください。
新テナントに、内装を100万円で買い取ってもらえれば、解体費が浮く上に、収入となります。
たとえ造作譲渡できなかったとしても、「居抜き」の状態で新テナントへ引き渡せれば、解体費が浮くだけでも十分お得です。

〇居抜き物件権利売買でどのくらいお得になるの?

「スケルトン返し」で解約した場合と、「居抜き物件」として売却した場合の費用を比べてみました。
「居抜き物件」として処理できた方が、断然お得ですよね!

PAGE TOP